ルテインの効果について

ルテインの効果・効能 - 白内障/緑内障/飛蚊症@サプリメント通販

ルテインにはどんな役割があるの?

ルテインとはカルテノイドの一種です(※カルテノイドはニンジンのベータカロテンやトマトなどに含まれるリコピンが有名)。このルテインは、我々の目の健康のためには不可欠な成分として注目されているのですが、具体的にどんな役割や効果・効能があるのかご存じでしょうか?

いずれも鮮やかな赤色や橙色を持つ物質であり、植物の光合成の手助けをしたり、活性酸素を除去して植物の細胞を守ったりする役割を担っています。

人間は基本的に、カロテノイドを持つ野菜などを食べてこれを体内に取り入れています。その種類は700種以上にものぼると言われており、その中のごく一部を活用させてもらっているのです。働きとしては人間の体内においても防御・保護が主で、植物内と同様に私たちの体を守ってくれています。

ではなぜルテインが目に良いかというと、これはとても単純な話で、ルテインというカルテノイドが私たちの目を守る働きをする物質だからです。カルテノイドはいわゆる抗酸化物質であり、私たちの体の細胞を傷つける活性酸素を取り除いてくれるフィルターなのです。

目の網膜の中心には黄斑部と呼ばれる部分があり、ここは光受容体が密集している言わば視力の中心と言える場所。黄斑部はほんのり黄色みがかっているのですが、この黄色がまさしくルテインの色です。黄斑部にはルテインと、ルテインから作られるゼアキサンチンという異性体が存在しているのですが、これらが私たちの目を守ってくれているのです。

黄斑部だけでなく、水晶体や角膜にも存在すると言われるルテインとゼアキサンチンですが、数多くあるカルテノイドの中で、特に目に偏って集中して存在するのがこれらのカルテノイドなのです。

つまり、ルテインとゼアキサンチンがなけれ目は極端に防御力の弱い状態になり、眼精疲労や視力低下だけでなく、白内障や黄斑変性症という失明の恐れのある眼病を引き起こしてしまうのです。

目に良いと言えばブルーベリーじゃないの?

目の健康と言えばブルーベリーという印象が強いと思います。つい最近になって、『話題のルテインも配合!』といったCMが流されるようになったため、ルテインはおまけのようなイメージかもしれません。

ブルーベリー等に含まれるアントシアニンは、受け取った光を電気信号として脳に伝えるロドプシンという物質の再合成を助けます。このロドプシンはモノを見るために絶対になくてはならない物質です。

そのロドプシンを作る材料となるのがビタミンA。

ビタミンAがなくなると鳥目になるとか言いますが、光を情報として脳に伝える信号を放つロドプシンの材料になると聞けば、ものを見るためには必要不可欠な栄養素だということが分かると思います。

目はこのように色々な物質を消費しながら機能しています。いわゆる目に悪いと言われる行動(長時間のパソコン操作・暗いところで本を読むなど)は、目と目の働きを支える栄養素の酷使なのです。

栄養素が足りなくなると、当然視力が悪くなる。目にダメージが溜まって病気にもなりやすくなる。

ブルーベリー等に含まれるアントシアニンとルテイン、もしくはビタミンA。『どれが大事なの?』と言われれば、どれも同じくらい大事。お互いに役割が違いますし、それぞれが連携して働いています。

しかし、目を酷使しがちな現代人にとって、最も積極的に摂取しなければならないのはやはりルテインではないでしょうか?

目を見る機能はロドプシンの消耗で低下し、それでも目を使い続けると疲労となって表れます。ストレスや疲労は活性酸素となって、目の細胞を攻撃します。そして、その細胞を傷つける活性酸素を除去してくれるのが他ならぬルテインです。

私たちの目は通常でも紫外線や刺激の強い光でダメージを受けています。疲労を貯めず、眼病を起こさず、健康な目で居続けるために、ルテインは意識して摂りたい栄養素なのです。

ルテインサプリメントを選ぶ際に気を付けること

ルテインはケールやホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。コストや食べやすさ、100g当たりのルテイン含有率から考えればホウレンソウが最も効率的で、60g程食べれば1日の推奨摂取量である6gに達すると言われています。

しかし、ホウレンソウは食べ過ぎると結石を作る原因となることで有名です。毎日コンスタントに6gのルテインを摂取しようとコツコツ食べ続け、他の病気になっていたのでは元も子もありません。

それに、6gというのはあくまで最低ライン。疲れ目の予防・視力の維持が目的でなく、実際に眼精疲労を克服したい、ドライアイから解放されたいとなると、もっとたくさんのルイテインを摂取したいところ。

例えば、白内障や緑内障・黄斑変性症などの眼病を予防したい、もしくは改善したいとなれば最低でも20㎎、場合によっては40㎎のルテインを毎日摂取しなければ、あまり効果は望めないと言います。

ですので、ルテインはやはりサプリメントに頼って摂取するのが効率的です。

ただし、ルテインサプリメントの中には、コストの関係上、未精製のルテイン(ルテインエステル)を配合しているものもあるということには十分に留意していただく必要があります。

ルテインエステルは体内でフリー体エステルに分解されなければ体内に吸収されることはありませんから、未生成の場合、非常に効率が悪くなることもあれば、元々含有量が少なければほとんど無意味になることもあるかもしれません。

フリー体エステルの形にするには精製のコストがかかりますから、製品も比較的高額になります。しかし、表記通りの含有量を摂取したければ、しっかり精製されたものを選ぶ必要があるのです。

目の酷使を余儀なくされる現代において、ルテインは必要不可欠と言って良い栄養素です。もちろん、ルテインサプリメントに頼るだけでなく、普段から目を労わる工夫をすることも大事ですが、目の健康に関心がおありでしたら、ルテインは積極的に摂取していただきたい栄養素なのです。

もっと知りたい方へ
  •